• クリマ!
    (キッズクリエイティブマーケット/

    キッズプログラミングマーケット)

    500年続く五城目の朝市で自分でお店を出し、稼ぎながら、遊びながら学ぼう
    2017年からペッパーと一緒にプログラミングも学べます!

  • クリマ!って何?

    アメリカでは、9歳の子どもがレモネードスタンドをつくり、
    1000万円を2週間で稼いだり、がん患者への寄付を行うなどの活動を
    子どもたちが主体となって行っています。

    http://beinspiredglobal.com/ten-million-yen-in-two-weeks


    秋田県五城目町には、全国でも珍しい500年続く朝市の文化と
    周りには豊かな自然の資源があります。
    そして、子どもたちの頑張りを応援してくれる
    地域の優しい人たちがいます。

    ”子どもたちの未来はもっと自由であってほしい”
    と願う人たちと一緒にクリマ!をつくっていければ嬉しいです。

    NPO法人cobon 代表理事
    合同会社G-experienceプログラムディレクター
      松浦 真

    キッズクリエイティブマーケット動画1

    この時は、子どもたちが自主映画を作成しました。

    キッズクリエイティブマーケット動画2

    この時は子どもたちがお母さんを癒す様々なサービス、商品を開発しました。

    ペッパープログラミング@八郎潟中学校

    キッズプログラミングマーケット

    キッズクリマ!

  • プログラム概要(2日間)

    ステップ1:小学生1年生から~中学3年生まで3~5人でチームビルディングを行います。

    演劇ワークショップを使ったチームビルディングで異なる学年の子どもたちが、お互いの個性や強みを生かすチームづくりを行います。

    ステップ2:デザイン思考にもとづいたプロトタイプをつくります

    最近、アメリカを中心に企業や学校の現場で複雑な問題を解決する際に使われるデザイン思考メソッド
    (参考:https://www.designthinking.or.jp/index.php?39)を用いて子どもたちが、朝市で販売する商品やサービスを楽しみながら創り上げていきます。

    ※デザイン思考についてより詳しく知りたい方は、
    下記動画をご覧ください。(https://www.youtube.com/watch?v=Kc09VnPao1k

    ステップ3:実際に五城目の朝市プラスに出店し、子どもたちが利益を分配します。また、活動の振り返りも同時に行います。

    2016年8月の回には、大人が休みの日に朝からダラダラするのを解消したいと、子どもたちが大人が朝市に出店することで元気になる自主映画を撮り30名ほどの観客に見てもらえました。
    2016年9月の回には、お母さんが日々疲れているので、精神的にリラックスできるマッサージやさんと癒されるミサンガ、鑑賞用の商品を子どもたちが創りだし、それを販売し2時間で2250円を稼ぎました。

  • お申込みは下記から

    ※2017年6月29日に五城目小でチラシをご覧いただいた皆様へ
    チラシに2日目の実施時間帯が9時~15時と記載がございましたが、
    正しくは、9時~12時@朝市通りとなります。何卒よろしくお願いいたします。

    1日目の実施時間は13時~17時@馬場目ベースで問題ございません。

    2017年のプログラムがスタートしました。

     

    https://goo.gl/4Gc1fk(別ページで開く場合はこちらから)


    ■プログラム参加費(各回、2日間) ※2017年より価格改定しました

    五城目町民:参加費無料

    五城目町外の方:参加1000円
    秋田県外の方:info@g-experience.org までご相談ください(宿泊もご案内いたします)


    対象:小学校1年生~中学3年生(保護者見学随時可能です)

  • クリマ!メンバー会員になる

    月額3000円でキッズクリエイティブマーケット参加前後のフォローアップを行います。
    下記の購入ボタン(Buy Now)を押した後、3000円を入力していただくと、Facebookを利用したメンバー限定の
    コミュニティページに参加することができます。


     

    クリマ!出店後、それぞれ家に帰ったあとも次の出店に向けて準備する中で

    専門のアドバイザーからコメントをもらうことができます。

    ハイブリッドスクーリング!アドバイザー
    様々なオルタナティブ教育の実践者および子ども支援の
    プロフェッショナルに関わっていただいております


    山口高弘さん
    (GOB Incubation Partners代表取締役)

    小澤いぶきさん
    (東京大学先端研、NPO法人PIECES代表理事、児童精神科医)

    福本理恵さん
    (東京大学先端研、ROCKET)

    工藤尚悟さん
    (東京大学サステイナビリティ学特任研究員)

  • アクセス

    馬場目ベース105教室 http://babame.net/about/index.html
    駐車場もございますので、車でお越しください。